忍者ブログ

夜弥(ヤミ)のオタク道(ウェイ)

ワンピースのことやオタクトーク。

ぶらり ジャンフェス2017 さんぽ

久しぶりにジャンフェスに行ってきました。
2回行ってなかったので、少し雰囲気が変わってることもありました。
ジャンフェスを満喫しよう、何か買おうと思って行くと
敗北感しか得られないという過去の教訓と自己の体力の適正な評価により
スーパーステージのみを見に行くという心構えで
幕張メッセに向かいました。遠い。
考えてみれば東京ディズニーランドよりも遠いのですものね…。




地下鉄新木場駅に派手なポスターが並んでいました。
ジャンフェスもコミケのように最寄りの沿線からお祭り仕様になっているのですね。




DVD&ブルーレイが12月28日に発売されるというポスターです。
地下鉄新木場駅の薄暗い構内に貼ってあるので、そこはかとなく場末感が漂っていました。




感慨深い…。

しばし立ち止まってジャンプの歴史に思いを馳せます。
私が前回来たのは2013年の年末でした。
トリコ・ルフィ・ナルトという3枚看板でした。
来年の看板には両さんはいなくなるのでしょうか。
番外編などで、引き続きジャンプキャラとして健在するのでしょうか。



展示ゾーン到着です。既に15時30分を回っていて「兵どもが夢の跡」といった雰囲気です。

原画ワールドの大きな入口が見えますね。




ジャンフェスといえば原画展!

それだけに混雑も激しく、まともに見たことがありません。
また神保町でのイベントみたいなのをやって欲しいです。



これが20周年記念のイラストです。
魚人島っぽい雰囲気ですね。
この絵はきっとジャンプに載るでしょうから、そちらでじっくりご覧ください。



連載作家たちの直筆色紙です。

それぞれネットに上がってるでしょうから、そちらでお楽しみ下さい。




メガハウス。

私が行った時は、人気商品は完売していたようで、閑散としていました。
左端に見える銀髪のスーツメガネは銀八先生ですか?格好いいですね。



安定の海軍幕張支部です。ワンピースが続く限り、この支部は残りそうです。



週刊少年ジャンプもあまり読んでいませんし、よく知ってる作品が少ないので、昔ながらのメジャーな作品を見ると何だかホッとします。



東映ブースです。
ほどよく手垢がついたような大きなチョッパーがお出迎え。
紅白のストライプの衣装のお姉さんは東京ワンピースタワーからの出張ですね。

東映アニメーションブースで声優トークショーをやっていたのも今は遠い昔という感じなのですね。



天井に神龍やドラゴンボールが浮いているカメハウス。亀もいます。



悟空は子供達に大人気!コスプレしてる子供達はピッコロさんかな?
悟空はリクエストに応えてカメハメ波のポーズをしてくれたりします。




ゾウ編のカラー設定画もありました。



東京グールについて私が知っていることは
フィギュアスケートのメドベージェワ選手が羽生結弦選手に東京グールのコップを誕生日プレゼントとしてあげたという噂。

カネキのポーズをする羽生選手。

SEIMEIっぽいですね。

ワンピースのスーパーステージは公式に詳細なレポートが載ってました。

麦わらの一味が全員集合! 20周年記念企画で大熱狂!! ――ジャンプスーパーステージ『ONE PIECE』

スーパーステージに行けない人には有難いレポートですよね!!
行った人も「来れない人のためにレポしなきゃ!でも覚えられない!」というプレッシャーから解放されますしね。

スーパーステージ楽しかったです。
ぶらり散歩気分でふらっと出かけた幕張でしたが、生アフレコが始まって感情がいきなり高まりましたね。涙が出そうになるのをこらえました。ナミさんが「サンジ」って冷たく呼ぶとことか。

声優陣が仲良く、ゆるく、わちゃわちゃやってるの見るの本当に楽しいです。

最近ジャンフェスから足が遠のいていたのは、体力的な問題もありますが、個人的にフィギュアスケートやら競馬やら新しい趣味ができて、クリスマスの時期は全日本選手権大会があったり有馬記念があったりしてジャンフェスに意識が行く余裕がなかったのですが、今回のようなクリスマスの1週前なら今後も参加できそうです。

家に帰ってからガイドブックをじっくり読んでいたら、菅田将暉がジャンフェスに来ていたのですね。
このナタリーの記事を読んで「帝一の國」という漫画を知ったのですが、ジャンフェスで絵だけは知ってて、てっきり葛葉ライドウだと思ってました。デビルサマナー漫画化してるのかなーとうっすら思い続けていて誤解が解けました。




幕張は遠いけど、スーパーステージはとても楽しくて行って良かったなーと思いました!
PR

ONE PIECE FILM GOLD 入場者特典

8月17日(水)の朝からワンピースフィルムゴールドを見に行ったんですが
入場者特典の777巻とトランプが貰えたので
ゴールドの動員数について調べようと思いました。

     

 まず、コミックス777巻は「全国合計500万名様限定」で
オールスターゴールドトランプは「先着200万名様」だそうです。
http://www.onepiece-film2016.com/news/644.html

「劇場へ急げ!」と煽る目的が大きいので、実際に準備してる数は
明記している分よりも多いだろうと思います。
同じ上映回の途中で特典が無くならないようにしているだろうとも思います。

そして都会には多めに田舎には少なめに配分されているなど
いつ頃入場者特典がなくなるかを予想するのは難しいでしょう。

それにしても、7月23日に公開して8月17日にまだ200万人動員してないということでしょうか?

こちらのサイトの映画ランキングからゴールドの動員数を調べてみます。


7月25日発表 上映館数 344 82万0830人
8月01日発表 上映館数 344 9日間で動員170万人
8月08日発表 上映館数 344 シン・ゴジラ、ドリーに続き週間動員数3位をキープ
8月15日発表 上映館数 344 土日で20万人動員したジャングル・ブックより上

これを見ると8月8日の時点では200万人は動員してそうですね。

こちらのニュース記事によると

「ONE PIECE」シリーズ3作連続で興収30億円突破
(2016.8.10)
7月23日から公開中の「ONE PIECE FILM GOLD」(東映配給)は、
公開16日間の累計成績が動員227万6527人、興収30億9720万6100円となり、
2009年の「〜STRONG WORLD」(最終興収48億円)、
2012年の「〜Z」に続き、3作連続で興収30億円を突破した。
(8月8日付 日刊興行通信より)

ということです。
8月8日には227万人動員してるそうです。

8月17日に先着200万名限定の特典がもらえたのは凄くラッキーでした。
そこでは2Dのみの上映になっていて、3Dや4DX上映をやっている
映画館に比べると客足が鈍っているのかもしれません。
(前売り券の売り上げは好調だったはず。ここよりも後に別の
映画館に前売り券を買いにいってカジノチップの前売り特典をもらえたりしたから)

あとそれから、私の勝手な想像ですが
各上映館で半端な余りが出ているのではないかと思うんです。
20冊程度の余りだともう終了扱いにする所もあるんじゃないでしょうか。
そして、そういう余剰分を回収して、新宿や丸の内に割り当てるということも
無いとも言い切れない。

次に行った時は777巻ももらえずに
「500万人動員おめでとう」と心の中で祝福したい。
でも早く行かないと4DXがなくなっちゃうよね?

最後に2ちゃんの某スレッドより2016年の興行収入ランキングです。

116.3 スター・ウォーズ フォースの覚醒
*77.0 ズートピア(7/15時点 76.1億円)
*63.1 劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢(最終見込み)
*55.3 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
*52.9 ファインディング・ドリー(8/14時点)
*46.1 信長協奏曲
*41.2 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

ここにゴールドとシン・ゴジラが入っていきますね!





2012年プレミアショーの魅力

ワンピースプレミアショー人気投票期間ということで
私が2012年のショーの魅力について語りたいと思います。

(1)偽一味の前座
(2)感情移入できる物語
(3)真剣勝負の格好良さ
(4)ゾロ

大まかに挙げるとだいたいこんな感じです。

大まかに挙げる項目の一つに偽一味を挙げざるを得ない
彼らの魅力です。最初に偽ロビンを見た時の衝撃は
今思い出してもちょっとした病気なら治せそうです。
彼らが踊る「ウィワー」を何度か夢に見ました。
ウィアーを聴いてもちょっと思い浮かべてしまうくらいの
インパクトが未だにあります。
とにかく偽一味を再び見たいですし、出来れば偽一味と
ハイタッチしたいのです。アンコールに出てきて欲しいのです。

次に感情移入できる物語、真剣勝負の格好良さです。
2012年というタイミングは一味集結で盛り上がった時期です。
パワーアップした麦わら一味が一致団結して強敵を倒すという
シンプルなストーリーでした。
その分、麦わら一味の感情やアクションがクローズアップされ
じっくりストーリーを楽しむことができました。

あんまりキャラクターがたくさん出てしまうと
時系列・世界観・強さなどの設定に破綻が生じてしまい
各キャラの良さを充分に発揮できなくなってしまいます。
安易に作られた敵だと、麦わら一味が苦戦するのに違和感を感じます。

そういう意味でカメレオーネのコピコピの能力は
麦わらの一味を苦しめるのに説得力があり、その分
戦闘シーンの緊張感や迫力も増しました。
まさに息をのむ戦闘でした。

最後にゾロについて語ります。
過去のプレミアショーのゾロもアクションが格好良くて
何の不満も無いのですが、2012年に登場したゾロが、
ゾロにとって充分と言える量の酒を飲んできたような
余裕と言いましょうか、船を間違えたと言って船を真っ二つに
斬ってしまう貫禄を蓄えていたのです。
夏の扉を開けて私をどこかへ連れて行ってしまったのです。
あと身長も高くて良かったです。
身長が高いおかげで同じく高身長のサンジと背中合わせに
共闘するのも絵になって、神様っているんだなと確信しました。
これはキャストについての感想になってしまうので
2012年のプレミアショーの魅力というと少しずれてしまうかもしれませんね。

とにかく私にとってのベストプレミアショーは2012年です。
これは揺るぎないのです。

しかし、毎年本当に趣向を凝らして楽しませてくれますし
それぞれの良さがあって投票は分かれると思います。

何度も繰り返し見る人と1度しか見られない人とでは
求める内容も違うと思います。
ワンピースを熟知している人と何となく知ってる人とでも
同様の事が言えます。

どのような投票結果でも春が楽しみです!
まだの方は是非!
http://www.usj.co.jp/onepiece/5th/special/?area=headund1


エピソードオブシリーズは夜のワンピース

こんばんは。
日記のタイトルをストレートに「エピソードオブメリー見たよ」に
するつもりだったんですが、興味を引くタイトルにしようと思って
強引な要約にしました。

まず、エピソードオブメリーを見た感想ですが
メリーの声が可愛いなぁと改めて思いました。
予想通りのダイジェストなのと、馴染みのない挿入歌なのが残念でした。
(良い曲なんですけど!パシフィコ横浜で生で聴いて感動しましたけども!)

作画は個人的には肌が光り過ぎてて好みではありませんでした。
肌に3色使うなら影に2色使って欲しいです。
夜のシーンにナミの乳房のハイライト要りません。

さて、不満も言いましたがゴールデンタイムに全国ネットで
ワンピースのアニメをやって頂けるのは有り難いです。
ネットで実況しながら見られる楽しさがありますよね。
作画崩壊も楽しんだりとか…。(青キジさんとか)

それで、またエピソードオブシリーズをやるだろうと思うのですが
私はエピソードオブサンジを推したいです。
エピソードオブメリーをやって、ウォーターセブンの話まで
やっているので今更イーストブルーをやるとは思いにくいですが
エピソードオブサンジをやるべき理由を以下に述べます。

そもそもエピソードオブシリーズは誰をターゲットにしているのか、です。

私の知人の中でワンピースの原作も読まないしアニメも見ないけど
夜にやってる映画(エピソードシリーズ含む)は見る、という人が二人いました。
「夜のワンピースは見る」と言ってました。
「朝のワンピースは分からない」と言ってました。

私の狭いリアル交友関係で二人です。凄い確率なんです。

そんな友人に「次はエピソードオブメリーをやるらしいよ。」と
教えてあげると「メリーって誰?」って言うレベルです。
そんな人がエピソードオブメリーを見て楽しめたでしょうか?
おそらく付いていけなかっただろうと思います。

バスターコールは知らないけどサンジは知っている。
クラバウターマンは知らないけどルフィが伸びるのは知ってる。
そんな人のためのエピソードシリーズじゃないんですかいっ!!

そして、長い話を無理矢理2時間に詰め込めば無理が生じます。
重要な部分をカットせざるをえないんです。

ワンピースを詳しく知らない人も楽しめる短めの話。
エピソードオブサンジがまだ残ってます。
クソお世話になりましたがまだ残ってますよ!!

そして、私がエピソードオブサンジを勧める理由がもう一つあります。

それは、レストランバラティエの宣伝になるということです。
フジテレビはレストランバラティエのCMを作って
エピソードオブサンジの間に流したらいい。許す。

レストランバラティエって、サンジの像が飾ってあって
ゼフが出迎えてくれるレストランなんですってね。
ゼフのレストランなんですってね。ゼフの。イーストブルーの。
そんな場所にサンジが飾ってあることに
バラティエでのサンジの愛されっぷりに胸が熱くなるのですが
あそこはバラティエなんですよ。
サンジの姿も2年前のまま・・・・。

レストランバラティエでは11月から新メニュー登場です!
http://op-bt.com/


        
  • 1
  • 2
  • 3